必要とされるスキル

アプリケーションエンジニアの求人内容を見ると、詳細な役割についてまで記載されている事はなかなかありません。ネットワークやデータベースのエンジニアに比べ、その役割は非常に幅広いものとなります。実際に求められるスキルは設計をする技術はもちろんのこと、クライアントやプロジェクトメンバーとの折衝を行う対人スキルも必要です。また、プログラミングの経験もある方が、開発に際して起こりえるリスクを事前に察知する事ができるので望ましいです。

アプリケーション開発は、大きく分けるとパッケージ商品とクライアントに応じたオリジナルのものとに分かれます。いずれの場合でも必要となるのが、設計作業とそこへ至る為の要件定義作業です。要件定義をする為には、利用対象者へのヒアリングが必須ですから、開発の為の知識だけでなく利用者の要望を漏らさずに聞き取る能力も必要なのです。パッケージ商品なら市場の求めるものを正確に把握する必要がありますし、オリジナルならクライアントのメリットを最大限引き出す提案も必要です。それらを十分に考慮して要件をまとめ上げ、設計作業を行うのがアプリケーションエンジニアの役割です。また、開発フェーズに入ってからは、開発方式に沿ったレビューの実施や、テストの管理も行わなければなりません。アプリケーションエンジニアの良し悪しは、そのまま出来上がってくる商品の品質に繋がってくるので、とても重要なのです。